入れ歯治療

  1. HOME
  2. 入れ歯治療
  3. 入れ歯ができるまで

入れ歯ができるまで

基本的な作り方

お口の診査 レントゲン、顎模型、などを行います。いくつかの方法の中から、患者さんのご希望をとりいれた最適な治療計画書を作ります。
型取り 入れ歯を作るためには、入れ歯をのせる歯ぐきの正確な型取りが必要になります。しかし、歯ぐきには弾力があり、圧力によって変形します。更に、歯ぐきの縁の部分は唇や舌などの周りの筋肉の動きにつられて動いてしまいます。そこで柔らかい型取り剤を使うなど、様々な技術が用いられています
咬み合わせ 上下の歯の垂直的、水平的な位置関係を再現します。残った歯が少なく なると上下の顎の安定した位置関係が失われますから、それを入れ歯で回復することになります。顔の表情、発音、以前使っていた入れ歯の様子、咬み癖などを総合的に判断して決定されます。
アバットメント装着 入れ歯は完成しました。しかし入れ歯は使いこなしていくことが大切です。ここからが重要なポイントです。
入れ歯の完成 最も大切なことは、出来上がった入れ歯を使いこなすことです。インプラント(人工歯根)と違って入れ歯は人間の自然の状態ではないため、異物感や痛みを伴うことがあります。入れ歯を調整しながらご自分の体の一部となるようにゆっくりなじませていくことが大切です。

精密な作り方

お口の診査 必要に応じて、CT、顎機能分析、顎関節運動解析などが付け加えられます。
型取りの装置を作ります。患者さんの歯茎の形に合わせたオーダーメイドの器具です。
精密な型取り 歯肉の形や筋肉の動きを再現する機能的印象剤を使います。
咬み合わせ 上下の顎の動きをトレースする方法、顎関節の開き具合を調べる方法などが併用されます。
歯並びの確認 蝋(ワックス)の試適用入れ歯を使って、唇の形にフィットした前歯の歯並びを作ります。口元がきれいに見えるようになります。
仮の入れ歯の作成 仮の入れ歯をパイロットデンチャーといいます。これによって本物の入れ歯はどのような形がいいかを調べます。また、合わない入れ歯で身についた「悪い咬み癖」を正常に戻していきます。
本物の入れ歯の完成 ミクロン単位での精密さを出すために、素材の物性に合わせた加圧と除圧の制御を行います。コンプレッサーや遠心力を使った流し込みが主流です。チタンなどの金属の薄い床を使うと快適です。
調整、適応 出来上がった入れ歯を使いこなしていきます。精密な方法の場合には必ずパイロットデンチャーという仮の入れ歯を使いますから、本物の入れ歯を入れたらすぐおいしく食事ができるようになります。

入れ歯治療 Menu

ページの先頭へ