無痛治療

  1. HOME
  2. 無痛治療

無痛治療とは

歯医者は「痛い・怖い」といったイメージが強いと思います。あの、キーンという歯を削る音を聞いただけで嫌がられることが多いのです。キーンという音=削る痛み、と感じるようです。なるべく患者さまに痛みを感じさせないように、いろいろな面で注意を払って治療をしています。
痛みを与えない治療を「無痛治療」と言います。

痛みというのは、脳がこの痛みをどのように感じるかによって違いますので、痛みの感覚には個体差があります。 ですので、まったく痛みのない治療をするということは難しいのですが、患者さまの不安と痛みをなくす治療を行っています。

不安な方はお気軽に担当医にご相談ください。

無痛治療の種類

歯を削る時の痛みの軽減

歯を削るなどの痛みを取り除くのには麻酔注射が一番効果的ですが、患者さまによっては、麻酔の効きが悪かったり、麻酔をさす時の針のチクッとした感覚が痛いという方もいるため、協同歯科クリニックではさまざまな無痛治療を取り入れています。

表面麻酔

針の麻酔注射をする前に、ゼリー状の麻酔薬を塗ることによって針のチクッとした痛みを和らげます。状況によっては、ゼリー状のものより麻酔力の強い貼るタイプの麻酔(ペンレス)もあります。

細い針の麻酔注射

麻酔針の痛みを軽減するために、細い針を使用しています。

ゆっくり麻酔を注射する

一気に麻酔液を入れると、歯茎が圧迫され痛みを伴うことがあります。その痛みをやわらげるため、麻酔液はゆっくりと注入します。また一定量の麻酔液を注入することができる電動麻酔注射器を使用したりします。

治療が怖い患者さまへの治療方法

眠っている間に治療が終わります

歯科治療が怖い方のために協同歯科クリニックでは快適集中治療(静脈内鎮静法)を行っています。

治療の恐怖感が強い方だけでなく、インプラント治療など治療時間が長くなる方、忙しくて一気に治療を進めたい方、血圧など基礎疾患をお持ちの方に適しています。局所麻酔を併用します。全身麻酔ではありません。治療中は半ば眠った状態になり、快適です。うとうとと気持ちのいい状態であっという間に治療が終わります。実際には治療に長時間かかっても、ご本人はすぐに終わったような気がするくらい、快適な状態で治療を受けられます。

快適集中治療(静脈内沈静法)は麻酔専門医が担当します。恐怖感がなくなるため、血圧や脈拍が安定しますから、一般的な歯科治療よりも全身のリスクが下がります。歯科医師、麻酔医の連携医療です。快適集中治療(静脈内鎮静法)の後、患者さんは寝起きと同じような状態になりますから、しばらく休んでから帰っていただきます。当日は車や自転車の運転は控えていただくことになります。

ページの先頭へ