歯周治療

  1. HOME
  2. 歯周治療

歯周病(歯槽膿漏)の画期的な治療法

当院での歯周病治療は、歯の根元から歯周病菌を一気に除菌してしまう方法を用いています。
協同歯科クリニックでは予防専用ルームで、歯科医師と歯科衛生士が協力して実施しています。歯周内科と3DSを組み合わせた最新の方法です。口臭やお口のねばつきなど歯周病のさまざまな症状が劇的に消失・緩和されます。お口が爽やかになるだけでなく、心筋梗塞や糖尿病などの全身病のリスクを軽減します。

治療は保険適用外です。14万円~

3DSとは、マウスピースに似たトレーを用いて、歯の表面に薬剤を作用させ、歯の表面を除菌するやり方です。歯の動揺、膿、口臭、ねばつきなどの不快な症状に劇的な効果が認められています。

歯周内科と3DS

歯周内科も3DSも新しい治療方法ですが、両方の治療を一緒に行なうことによって、歯周病(歯槽膿漏)が画期的に改善されると注目されています。協同歯科クリニックでは、国立感染症研究所(当時)による3DS開発や鶴見大学五味先生等の研究成果を導入し、効果をあげています。

歯周内科とは、お薬の内服と歯の周囲の清掃を同時に行う方法です。

歯周病(歯槽膿漏)の症状(口臭など)

歯周病は歯を支えている骨(歯槽骨といいます)が歯周病菌によって溶かされる病気です。歯周病の主な症状は、

などです。虫歯と並んで歯を失う2大原因のひとつです。また、心筋梗塞、糖尿病、早産などを引き起こし、全身に悪影響を及ぼす恐ろしい病気でもあります。

歯周病(歯槽膿漏)と全身の病気の関係

歯周病は心臓病(心筋梗塞・狭心症・心内膜炎)、糖尿病、早産の危険性を高める恐ろしい病気です。
歯周病菌が心臓の血管に動脈硬化を起こすと心筋梗塞や狭心症が発症しやすくなります。歯周病菌が心臓に感染すると心内膜炎を起こします。歯周病になるとインシュリンの作用を低下させるので、糖尿病が悪化します。逆に糖尿病になると歯周病が進行しやすくなります。

また、妊婦さんの羊水内に歯周病菌が侵入すると早産・低体重児の原因になります。重症の歯周病の場合、健康な妊婦さんの7倍の早産の危険性があるといわれています。

ページの先頭へ